今まで来てくれた人→: 現在の閲覧者数: 猫とライオンとユニコーン たまには2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには2

前回の続き 見て無い方はこちら→ 12畳の部屋のソファーがなんだか小さく感じられる 俺は白い「それ」に無造作に手を入れた 静かな部屋が少しざわめき立つ へ~。凄いじゃん そんな事を呟く 一番外側の覆いを乱暴に剥ぎ取る。 眩しいぐらいの「白」が俺の目に飛び込んできた。 そして、その上を覆う白い物体もむしり取る。 最後に・・・ 一枚の薄い物体がその奥を大事に守っていた。 乱暴に取ったら駄目よ!後で大変なんだから!! 怒られた。 仕方が無い・・・ 俺は慎重に最後の、その薄い物体を取り去る そして、丁寧にその中身をかき回す。 ぬちゃ。ぬちゃ。と、音を立て始める。 最初はゆっくりと、そして段々と早く 単調に成らないように縦や横、早くゆっくりと・・・ 小粒のマメがあらわに成る マメを潰さないように慎重に扱う。 ぬちゃ。ぬちゃ。ぬちゃ。ぬちゃ。ぬちゃ。ぬちゃ。・・・・・ かなり糸を引いてきた。 まだ、かき回すだけなの? 私は、可愛い小さなマメを舐める。 甘美な音を立てる、至福の時。 三分の一ほど堪能した。 そろそろ頃合である。 私もそれほど我慢は出来ない。 小さな袋をさがす。 用意されていたその袋の中身は最初に入れて使う物だったらしい でも・・・ 入れないよりはマシだろう 始めてだしな・・・仕方が無い。 相手に対しての礼儀でもあると思い使う事にする。 右手を休める訳にはいかなかった。 左手で小さな袋を口を使って破る。 袋の中身を小さなマメに振りかける。 かなり汁が多く成っている。 私は構わず棒を突き立てかき回す。 私は一気に走った。 これだ!この感じだ! 存分に堪能する。 そしてフィニッシュへ向けて・・・ 折角だから・・・かけて! 俺は中に入れていた棒を取り出す。 かけるよ 白い小高い山におもむろに全てをかけてしまう。 小高い山にドロリとかかる 彼女は、それを俺から奪い取る そして慎重に口へ運ぶ 美味しい。 本当か? うん、美味しいよ! 食べてごらん 恐る恐る口に運ぶ 普段はかけた物は食べない(当たり前だ!あんな物!) しかし・・・・ 彼女の美味しそうな、あまりにも美味しそうな笑顔に、食べて見る事にする。 あ!美味しいね!ご飯用の納豆って!! 納豆ってご飯にかければ3回楽しめるヨね 猫とライオンとユニコーン↓↓↓↓↓↓↓面白かったらクリックして! ==================> 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

take蔵

Author:take蔵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
大雑把な天気予報w

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。